現場ブログblog


網戸外せますか?

大規模修繕工事では網戸を外さないと出来ない工事があります
網戸は基本的にお部屋側に外れ防止のロックが掛かっていますので
工事が始まりますと各居住者様に取り外しをお願いしています
外し方のお知らせを居住者様にお配りするのですが
マンションによっていろいろなタイプの網戸があるのをご存知でしょうか

よくあるものはツメが窓枠にかかっていてネジを緩めてツメを降ろすタイプ

なんですが、まれにこんなタイプもあります


これは赤丸のプラスチックをつまんで下に引くとロックが外れるものでした

また、

これは赤丸の金具を右に引っ張るとロックが外れるタイプでした

などなど、これ以外にもいろんな方法でロックを外すものがあり
お知らせを作成するために網戸を見せていただくのですが
初見で外し方がわからない網戸が何現場かありました

皆様もご自宅の網戸一度確認してみてはいかがでしょうか
主にお部屋側の網戸の上の方に金物がついてると思われます


現在地

皆様こんにちは
今年入社しました。今回初めてブログを投稿します。
よろしくお願いします。

私は現在の現場状況を紹介したいと思います。

現在私が担当している現場はとてもクランクが多くギザギザしていて
足場にいると自分がどこにいるかわからなくなってしまう時があります。
そうなった時のために、下の写真のように現在地を掲示して
自分が今どこにいるのかを把握できるようにしました。

それと洗濯物情報も部分部分で色分けして居住者様にも分かりやすい
ようにしました。


…人は水でできている…

こんにちわ
今年入社しました。今回初めてブログを投稿します。
よろしくお願いします。

今年の夏は全国各地でとても暑くなりましたね。
みなさまは水分補給をしっかりしていますか?

水分補給は大切で、今回、私も「 水 」について調べてみてビックリしたので
ご紹介していきたいと思います。

なんと…体の65%が水分でできているそうです。
細胞は約85% 血液は約90% 脳は約80% だそうです。

↑ 私たちは 物事 を考えているのも「脳」であるため
「脳」から水分が減ってしまうと「脳」働きが悪くなり大変なことになってしまいます。

私が以前に聞いた話なのですが、フレーズ・パスカルという哲学者がいて「人は考える葦(あし)である」という
言葉を聞いたことがあります。

こういった言葉が残されているくらい脳を働かせることが大事なので
水分補給がとても大切になってきます。

水を飲むとメリットもたくさんあります。

脱水症状を事前に防ぐ方法をご紹介します。

↑ ぜひ、やってみてください。

1日に水分を摂取する目安としては
生活活動頻度が低い人で約2.5ℓ
生活活動頻度が高い人で約3.5ℓ 必要な摂取量です。

水分補給を細めにしましょう。


熱中症の救急処置

こんにちは
今年入社し、初めてブログを書きます。
よろしくお願いします。

今年の夏は特に暑かった気がしましたが皆さまは体調管理をうまく出来ましたでょうか?

今日私は熱中症について書きたいと思います。
現場だけではなく私生活でも夏はとっても暑いのでそれぞれに皆さまは対策をしていると思いますが
それでも、世の中では毎日たくさんの人が熱中症になっています。
その中で、私の前でだれかが熱中症になってしまったときに処置できるのかと考えていた時にこのようなポスターを見つけました。

上のポスターは処置方法の大事なポイントがしっかりと押えられておりためになったので紹介したいと思いました。
このような、ポスターを現場事務所に掲示しておくことで万が一の時でも間違いなく冷静に処置ができると思います。


熱中症対策

こんにちは
今年入社した背が一番高い人です。

まだまだ、暑い日が続いていますね!!
皆さん、熱中症には気を付けていきましょう!!

私自身、暑さにはめっぽう弱く過去に熱中症で倒れることもよくありました。

そこで、私がオススメする熱中症対策の品を紹介したいと思います。

「COOLINGMASK」です。

通常のマスクより、通気性が良く、汗を吸って気化してくれます。
今までのマスクでは、熱が籠って、暑苦しかったのですが、「COOLINGMASK」を使ってから、通気性が良いので、とても快適に過ごせています。
また、洗濯も可能なので何度でも使うことができます。

皆さんも是非使ってみてください!!!

熱中症には、気を付けていきましょう!!!


IT化(?)社会

こんにちは。
昨年異業界から中途入社した現場監督です。

このご時世PCを使っての仕事が欠かせないかと思います。
入社する前はあまりそういったイメージはありませんでしたが、現場管理という点では工事現場でもPCでの作業が必須と言っても過言ではありません。
実際、自粛期間中に自分は自宅からPCを使って書類作成作業のサポートを行っておりました。

また、世間では技術の向上により電子化・クラウド化と言ったものがどんどん進んでいます。
少し遅いと思われるかもしれませんが、弊社ではこの夏に経費精算の電子化が行われました。
まだ慌ただしい状況ですが、電子化を経て経費精算が楽になるといいですね。

建築業界としては、ドローンによる現場視察・建物診断、現場書類の完全IT化など徐々に波が押し寄せてきています。
業界全体に普及するのはまだまだ先になると思いますが、新しい技術が生み出され、便利でより安全な工事ができるようになるといいですね。
そして進化する技術に負けないよう・コントロールできるよう、自分たちも様々な知識を身につけていきたいですね。

何が言いたいのかよくわからなくなってきたのでここらへんで終わりたいと思います。ありがとうございました。


◆猛◆

暑いね。


運転中の眠気対策

こんばんは!

今回は誰しも経験があるであろう「車の運転中に急な眠気に襲われた時の対策」についてどういったものがあるのか調べてみました!                      日常的に運転をされてる方も夏休みで慣れない運転をされてる方も宜しければご活用ください。

眠くなった時の対策として、冷房を強めにかけて体を冷やす、眠気防止のツボを押す、ガムを噛む、歌を歌うなど様々な方法があります。                      カフェインを摂取することも定番の方法です。コーヒーや眠眠打破、レッドブルといった様々な飲料がありますが、カフェインは1日あたり400mgまでという説もありますので摂りすぎにはご注意ください。(ちなみにコーヒーは100mlあたり50mg前後のカフェイン量らしいです)

調べていて特に私が気になったのはアロマスプレーを使用するというものでした!    何でも嗅覚への刺激は脳に直結する為、眠くなった時に車内に撒くと大変効果があるらしいです。臭い対策にもなりますし、次運転する時に試してみようと思います!

 

(もちろん眠くなった時には安全な場所に停めて仮眠をとることが一番ですが、渋滞ですぐに車を停められる状況でない時や、仮眠をしても眠気がなかなかおさまらない時の補助的なものとしてこれらの方法をご活用ください・・)


自粛期間中に始めたこと

こんにちは!
現場監督Tです。

大変な状況ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
最近はまた新規感染者数が増加傾向にあり、予断を許さない状況です。。。

私は常駐現場が3月いっぱいで無事完工し、
4月、5月は自宅でのテレワークに切り替えておりました。

私事で大変恐縮ですが、その自粛期間中に料理を始めました!


簡単ですが、FFTKGふわふわ卵かけご飯です!

 

卵黄と卵白は別に取り出し、卵白でメレンゲをつくります。
②メレンゲに細ネギお出汁を入れ、ご飯にのっけてハンドトーチ焦げ目をつけます。
③最後にマヨ卵黄をのっけて完成です!

簡単でめちゃうまでした。。。!!

 

お次は、、、

ギョーザです!
ポイントは、なんとギョーザの餡にユンケルを入れることだそうです!
※会社の先輩から伝授しました。

ギョーザの皮を包んでるとき、最初(多分上の写真の右下)はへったくそな仕上がりだったんですが、
だんだんとコツ・スピードがアップしていき、
最終的にはきれいに羽付きで焼けました~!!

上の写真にある2種類のポン酢で食べましたが、

塩ポン酢(左)の独特な苦みも、旭ポン酢(右)の程よい酸味も、

どちらも美味しくいただけました♬

なにより、とっても楽しみながら料理できたので気分もリフレッシュできました♬

「料理も現場管理と同じ、段取り8割」、なんとなーくそんな気がしました。笑

 

これを期にいろいろな料理にチャレンジしてみたいと思いました!


リモートワーク

新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの企業がテレワークやリモートワークを取り入れているいま

withコロナ時代なんて言われていますが、現場仕事の建設業ではリモートワークはちょっとできないですよね。

そんな中、労働基準法の改正により必要となるフルハーネス、墜落制止器具の資格が必要だったりしますがー

去年、弊社では法改正に伴いフルハーネスの特別教育を、ネット講習で取得しました!

皆さん足場の組立等特別教育や講習が丸二日の職長教育がネット講習で取得できちゃうって知ってました??

ネット講習なら、日中仕事で忙しくても時間があるときに動画をみて受けられますし

何より講習に行くことによるウイルス感染も心配なく、これもひとつのリモートワークでは?と思い

ブログにアップしてみました!

 

コロナに加えてこれから増々暑くなって辛いところではありますが

Withコロナ時代、今年の夏を何とか乗り越えて頑張っていきましょう!!

皆さま、ご安全に!