現場ブログblog


◆逃◆

日防ゴールド会員の皆さま。こんにちは。

今年の夏は暑かったですね。
私は熱中症対策で空調服とやらを購入したんですが・・・

空調服パワーによる効能はあまり感じませんでした(笑)
空調服メーカーのチョイスミスなのか空調服に期待し過ぎたのか、答えは闇の中。

完全に迷宮入りでござんす!!

さて、話は変わりますが、先日、仕事を終えてサザンを聴きながら帰宅していましたところ、渋滞にハマってしまいました。
しばらく動かない系のやつです。

こうなってしまえば流石に私も諦めるしかありません。
セブンで買ったアイスコーヒーを飲みながら、安室ちゃんのCDに交換しようと
ダッシュボードに手を伸ばしたところ、サイドミラーに目を見張るほどの勢いで近づいてくる光が映り込んできました。

そう。

みなさんはもうお気付きですね。

すり抜けしてくるバイクです。

しかも、そこそこの猛のスピードで。

超一流のマタドールの如くひらひらと渋滞にハマっている車たちを交わしながら私に近づいてきました。

しかも、そこそこの猛スピードで。

大切なので2回言いました。(笑)

華麗なターンを繰り返しながら私を抜かそうとした瞬間。

ドゴッ!!!

とても鈍い音がしました。

ミラーを見ると、普段見ない方向にひん曲がっています。

当てやがったんです。

しかも、何事もなかったかのように走り去ろうとしているじゃありませんか!
普段、仏の○○と呼ばれている私も流石に仏の心境ではいられません。
クラクションを鳴らしましたよ。年に一度鳴らすか鳴らさないかのクラクションを。

しかし、クラクションの音は彼の心には聞こえなかったようです。
走り去ってしまいました。

これが俗にいう「当て逃げ」ってやつです。

追いかけて捕まえてやりたかったのですが私の状況は渋滞の列の真っ只中。
どうすることもできません。

仕方なく、車を降りてミラーの破損状態を確認しに行きました。
配線類は切断されてはいなかったのでひと安心です。

左向け左をすると、カバーは外れ吹き飛ばされ、側道の植木に放置プレーされています。
心に深い傷をおったカバーちゃんにねぎらいの言葉をかけ、抱き上げます。

次にミラーを優しく元の位置に戻してやりました。
ミラーちゃんが私に「ありがとう」と言ってウインカーを点滅させて微笑んでくれました。

感動の一幕です。

しかし感動の余韻に浸ってる時間はそう長く続きません。
すぐにテープでグルグル巻きにして車に乗り込み、お家に向かってレッツラゴーです。

すでに外は暗闇と化していましたので、詳しい診断とオペは翌日に決行です。

翌日に詳しく診断するとカバーをはめ込めば問題ない感じです。

オペ時間、わずか1分!
凄腕ドクターになった気分でした。


技能講習(玉掛け)に行ってきました

まだまだ残暑が続いています。今年は暑い日が続きますね。

さて、今回は玉掛けの技能講習に行ってきましたので内容等をレポートしようかと思います。

そもそも、技能講習って?と思われる方もおられるかもしれません。
技能講習とは、”キケンを伴う作業ですから、講習を受けた人だけがやっていいですよ”という意味で実施されるものなんです。
イメージとしては簡略な運転免許といったところです。
では玉掛けとはその中のどんな作業でしょうか?
実はクレーン(その中で1t以上の荷物を吊り上げられるもの)を用いて荷を移動するには、この技能講習が必要になるんです。
お分かりの通り、かなり危険性を伴う作業だという事です。

今回の技能講習は3日間、学科2日+試験、実技1日+試験というハードなスケジュール。
スケジュールについては、法律によって縛りがあり、
学科が12時間以上、実技が7時間以上の時間の講習を受けなければなりません。
それに加えて試験もあるんです。学科は2日もありますし、
しかも、まれに落ちることがあるらしいんです。難しいのか…?
が!

学科試験のポイントになる部分は講師の方も熱を入れて教えて下さって、学科試験は難なく突破できました。


さてさて次は翌日の実技講習ですね。

上の写真は実技講習の様子です。
写真では、学科でも説明があったクレーンの使い方で犯しやすい間違いを詰め込んだ状況が作ってありました。

で、実際に何をしたのかといえばクレーンを使用して、このパイプの束を横に移動するんです。
一見簡単そうですが、事故を起こさないよう手順の確認をしながらクレーンの運転者に合図を出すんですね。
手順を覚えながら、体も動かしますので頭と体が混乱&混乱…
一人ではなかなか難しいのでは…という所ですが、3人でチームを組んで実技講習は進みます。
チームを組んで練習に臨むわけで、お互いにフォローし合えるので緊張もほぐれます。
次に何をすればいいのか声に出して、合図で表現しますが、練習中は忘れたり、確認ミスをしてしまうこともあります。
ですが、講師の方がミスを指摘してくれますので、次にミスが無いよう、また仲間をどうフォローするか考えます。
実際の仕事同様、仲間意識も利用して、集中して講習できるようになっていました。

今回の実技試験では、ペーパーテストと実技に分かれていて、
ペーパーでは荷の重さによって必要なワイヤの太さ選定(実際にノギスで太さを計測)、荷の重さ(実際に荷の採寸)の計算が出題されました。
実際の作業の場合になると、新しいもの、あるいはイレギュラーな荷物を運ぶことがありますので、そのあたりを想定した内容ですね。
実は実技試験のペーパーのポイントも学科中に説明があります(笑)初めてやるわけではないので助かりますね。

加えて、練習したパイプ移動の試験があるわけです。
この練習は朝から繰り返し一人3回以上練習できますし、試験中も仲間と一緒ですので問題なくクリアできると思います。

というわけで、実技講習はテストを含めて8時間と非常に長い一日でした。無事にチーム全員合格しました。


普段は監督業ですので、実際の作業は職人さんにお願いして、自分は監視を主な作業とするわけですが、
自分の指示や・普段の職人さんのやり方の中で、より安全な方法の選択肢や、慣れによる不安全を
この経験から見つけられれば…と思います。
工事には危ない作業が数多くあります。
今回の実技講習から事故事例や危険事例を通して”注意一瞬、怪我一生”を改めて教えられました。
普段から考える安全ですが、これからも実際の技術としても学び、さらに不安全からも学ぶことで事故の無いより安全な現場を目指します!
講師の皆さん、そしてチームの皆さん、どうもありがとうございました。

 

それでは、”明日も明後日も”ご安全に!!


お住いになられている中での工事なので

大規模修繕工事中、バルコニー内で作業を行う際、

作業員がバルコニーに入って作業を行いますので、

バルコニーでの物干しをご遠慮していただかなくてはなりません。

作業により長い時では1週間程度、連続して物干しができない期間もあります。

工事開始前の説明会や、作業開始前のチラシ等でお知らせするのですが、

少しでも早くバルコニーを開放できるよう日々頭をひねっています。

 

新しく始まった大規模の現場は、バルコニー内に洗濯機が設置してあるマンションで、

物干しどころか洗濯機の使用もできなくなる期間が多々発生してしまうため、

敷地内に洗濯機及び乾燥機を設置いたしました。

順番制や自己管理等、普段より制限は多いですが、

少しでも工事中のストレスを軽減できればと思います。


色んな事やります!

社名に”防水”と入っているのでしばしば「防水工事以外も出来るんですか!?」との声を頂く事があります。

防水工事はもちろん、塗装工事、タイル工事、シーリング工事など様々な工事をさせて頂いてます!!
という事で、防水以外の工事の様子をご紹介します。

■駐輪場の屋根の交換工事
施工前の様子です。経年劣化により変色、割れ、曲がり等不具合が見られる事から更新工事を行う事に。

施工後の様子です。この時外壁の塗装工事等も行っていたのですが、外壁と合わせてとてもキレイになった印象を受けます。

このように”防水”以外にも様々な工事をさせて頂いております。


現場の街角…

先日、こんな看板を発見しました!!

ニッカウ井スキー、、、井?
「ニッカウイスキー」って「ニッカウヰスキー」
らしいですね!
じゃあこの看板は???

 


作業中の品質確認について

工事中、様々な材料を使用しますが、塗料のようにドロドロしたものを塗って硬化させる必要がある材料は

1液(それ自体で硬化する)タイプと2液(硬化剤を混ぜて硬化する)タイプがあります。

2液タイプは現場で施工する直前に撹拌する(混ぜる)必要があり、きちんと撹拌していないと硬化しなかったり、

施工後変色してしまったりと、品質を確保するために撹拌も重要な作業になります。

 

きちんと撹拌されているかを確認するため、材料メーカーも知恵を絞ってくれています。

下の写真は防水材の材料ですが、異なる色を撹拌することにより、きちんと撹拌されているか目視で確認

する事ができるので、作業員も確認する方もわかりやすいですね。

ピンクとブルーの液を混ぜます

きちんと撹拌されていないとマーブル模様になっていしまいます

色のムラがなくなれば、きちんと撹拌された証拠になります


雨にも負ける 風にも負ける 職人泣かせ

現在継続作業中の大規模修繕工事現場です。

建物を挟んで、山と河川があります、そのせいなのか ほぼ毎日 強い風が吹きます

この現場の諸事情がありますが 作業用の養生が壁や床にシッカリと着けるのにとても苦労をしています、よく昔の人は「防水屋殺すにゃ刃物は要らぬ 雨降れば」と言ってましたが、風が強い...強いんじゃヾ(*`Д´*)ノ”

この下の映像は足場用のメッシュシートが風で煽られている物です。この2ヵ月位で結束紐が1,000本、今年に入ってトータル3,500本 手の皮は剥けまくりですオエ━(´Д`|||) 汗かきまくりです、おじさん現場責任者は頑張っています。

メッシュシート外部

強風時メッシュシート 足場内


外壁塗装工事中の事故防止対策

外壁塗装作業時には、塗装を行わないものに塗料が付着しないように、ビニール等で養生します。
バルコニーや廊下の壁に設置されていることも多いガス給湯器については、ビニールで給気および排気を阻害してしまい、お湯が出ない・給湯器が壊れたなんてことも実際に起きており、作業時には十分注意しながら管理することが必要です。
一度事故が起きてしまうと、お住まいの方に多大なご負担を掛けてしまいますし、施工者としての信用も失ってしまいますので、現場監督は大きなプレッシャーを感じながら管理をすることになります。
当現場ではビニールで常時養生する方法ではなく、作業前にプラスチック板を給湯器より一回り大きいサイズに加工した養生カバーを作成して使用しています。
塗装中はカバーをあてて養生し、終わったらすぐに撤去する方法を採ることで、事故を未然に防ぐ対策としています。

カバー設置中。

カバー撤去後。
一日の終わりには、持っていったカバーの数が返却されているかだけ確認すれば、毎日現地で養生の状態を確認しなくていいようになるため、管理の手間がかなり減っています。
簡単に考えつきそうな養生方法ですが、なかなか実践している現場は少ないのではないかと思います。
このアイディアは当社の月イチ監督会議の時に、デキる後輩君が教えてくれたものなのですが、本当によく考えたものだと感心しました。
今後もいいアイディアは、後輩君達からも貪欲に盗んでやろうと思う先輩でした(笑)


完了間近

                                                                                                                                                                                                              防水工事も終わりが近づいてきました。
通勤で毎日150㎞以上、往復4時間ほどかかっていましたがもうすぐ解放されます。

中層棟からのA工区の全景です。


産廃?

工事現場でのゴミの分別率を向上させましょう。

廃棄物とは、自分で利用しなくなったり、他人に有償で売却できなくなった固形状または液状のもので、産業廃棄物と一般廃棄物に分類されています。 産業廃棄物はビルの建設工事や工場で製品を生産する等の事業活動に伴って生じた廃棄物です。その種類は廃棄物処理法で燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類などの20種類が指定されています。なお、一般廃棄物は産業廃棄物以外の廃棄物をいいます。

廃棄物処理法は廃棄物の排出を抑え、発生した廃棄物はリサイクルする等の適正な処理をすることで、私たちの生活環境が安全に守られることを目的としています。
また、関連する法律として、上位に循環型社会の構築に向けた循環型社会形成推進基本法や、個別の廃棄物のリサイクルを推進するための法律として、容器包装リサイクル法、家電リサイクル法といった各種リサイクル法があります。

1 / 612345...最後 »