現場ブログblog


空調服

こんにちは
8月に入り夏も本番になってきましたね!猛暑日続きで暑さに参っている方も多いのではないでしょうか?
現場としても様々な暑さ対策を行っていますが、暑さ対策の一つとしてここ数年増えてきている「空調服」についてご紹介したいと思います。

・空調服とは

↑写真のように腰上あたりにファンがついています。こちらから服の中へ空気を送り込み汗を蒸発させ、気化熱によって体温を下げます。
体温を下げ、余分な汗をかかなくなれば体力の消耗も抑えられますし、汗がすぐに蒸発するので汗の臭いやアセモへの対策にもなります。

・コスト削減、環境問題への効果
「作業中、常にファンを稼働させているんだから、電気代もかなり掛かってしまうんじゃないか?」と思われる方もいるでしょうが、1日8時間稼働させても1か月で電気代が50円未満(充電バッテリーの場合)というデータもあります。
初期投資が1~2万円掛かるものの、長期的にみればエアコン等を使うよりもはるかに安価ではないかと思います。作業効率が上がることで結果的に人件費の削減にもつながります!
電気の使用の削減に加え、エアコンと違い排熱が起こらない為、地球温暖化への対策としても非常に有効です!

・空調服以外にも

↑写真のようにヘルメットにファンがついているものもあります。夏にヘルメットを被って作業されたことがある方はわかると思いますが、ヘルメットの中はすごい熱がこもって頭がボーっとするのでこういった製品はほんとにありがたいです。
こういった製品の開発がどんどん進んで、夏も快適に作業が出来るようになるといいですね!