現場ブログblog


工事中の工程内検査について

大規模工事を施工するとき、各工事(外壁下地・塗装・防水・建具・電気・設備等)の検査はどのような方法でやってますか?と、民間・官庁を問わず工事監理者(設計者)から質問されます。

今回具体的な例として、屋根の外断熱防水工事の検査確認シートを紹介します。
検査項目が13点あり、検査した月日及び名前を記入する方法で行います。
職長さんの検査が完了後、現場監督が確認する流れです。(チェックシートは同じ内容)

この方法で協力業者ならびに現場監督の技術の向上を図ります。

1 / 11